fcb.portal.reset.password
大会に参加するだけでなく、インド伝統を知る体験も含まれる

大会に参加するだけでなく、インド伝統を知る体験も含まれる | Santi Garcés / FCB

FCバルセロナがアジア太平洋のサッカースクールで、来年の1月から国際トーナメントを行う。バルサアジア太平洋カップは、7歳から15歳までの5百人の男女向けに、1月24日から27日にかけて、最高レベルのスポーツ施設、グルグラムのヘリテイジスクール内にあるデリーのバルサアカデミーの施設にて、行なわれる。

大会は、多様な文化のスポーツ選手を一堂に会することになり、個人レベルにおいても、競争レベルにおいても、参加者にとっては、豊かな経験になると考えられる。日本のバルサアカデミー4校(品川大井町、福岡、葛飾、奈良)、インドの3校(デリー、ムンバイ、バンガロール)、中国の3校、バルサアカデミープロ海口、 成都、青島に開校しているほか、オーストラリアでは、シドニーとブリスベンに2校、シンガポール、ドバイにそれぞれ、1校が参戦する。また、地理的に近接しているエジプトバルサアカデミーも参加するほか、バルセロナのバルサスクールも、こういった大会の常で、参戦する。

デリーバルサアカデミー施設は、グルグラムのヘリテイジスクール内にある。同スクールは、昨年、行われたU—17ワールドカップでは、コロンビア及びインド代表が利用するなど、国際レベルのビッグイベントにおけるキャリアを手にしている。アジア太平洋バルサアカデミーは、自然芝3面、人口芝2面のグラウンドを使用している。

大会は、4カテゴリーに分けられ、それぞれが異なった規約と試合時間で戦う。U-9カテゴリーは、1試合30分間5人制、U-11、U-13は1試合40分間7人制、U-15は、1試合50分間7人制で競合する。

また、大会に加え、子どもたちにとって、インドでの経験をより、豊かなものにするために、一連のアクティビティも、計画されている。その一環として、オープニングセレモニー及び閉会セレモニーには、インドの文化、伝統が色濃く反映される予定であり、アクティビティの中には、ヨガや瞑想、デリーのガイド観光ツアーから、新世界七不思議の一つでもあるタージ・マハルを知るためのアーグラーまでの観光ツアーも組まれている。

上に戻る
_satellite.pageBottom();