オスカル・グラウ(左)から役職を引き継いだフランク・カルボ (右)

FCバルセロナの育成組織であるFCBEscola(FCBスクール)のディレクターとして、フランク・カルボがオスカル・グラウに代わって、任命され、新エグゼクティブディレクター (CEO) として就任することを、月曜日、クラブのフロントが決定した。

フランク・カルボは、FCBEscola(FCBスクール)キャンプにおけるコーチとして2010年から、FCバルセロナとの関係をスタートし、その翌年、 2011年から今年の1月まで、FCBスクーの強化担当を勤め、また、同スクールの商業及びマーケティングエリアの責任者及びアメリカ、中東のプロジェクトマネージャーとしても、現在まで務めて続けて来た。.

今後、カルボは、FCBEscola(FCBスクール)のマネージメントを引き受け、オスカル・グラウを筆頭に近年、スクールが行なってきた素晴らしい任務を続行していくことになる。