熊本地震で被災した子ども達へのチャリティマッチ | FCBスクール

FCBスクール福岡とブレイズ熊本が、4月に起きた熊本地震の被災者への一助を目的にチャリティマッチを行なった。このチャリティマッチを通して被災している少年少女が、その地で少しでも笑顔を取り戻せるようにという目的で、今回のイベントが行なわれた。

二試合は、春日市の春日公園にある練習施設で行なわれ、ブレイズ熊本の子ども達は、全員参加した。被災地の子ども達は、地震が起きてから、施設、グラウンドなどが使用できない状態が現在まで続いており、その状態が更に1年近く続く可能性もあるという。

その週、FCBスクーツ福岡校の子ども達は、この特別なイベントに向けて準備を行ない、熊本の人々を勇気づけるためのメッセージを送った。そのメッセージは、春日公園の壁にモザイクで、そして熊本から来た子ども達が使用するロッカールームの廊下に作られた。

イベントの最後に、FCBスクーツ福岡校の子ども達から、元気を出して欲しいとの励ましのメッセージビデオが送られた。二試合行なわれたうちの逸しアは、FCBスクール福岡校が、9−2で勝利をあげ、もう一試合は、熊本の小さなヒーロー達が4−2で制した。